1958.11.1

西南支部から、世田谷支部と渋谷支部に分かれる。当時の支部事務所は渋谷支部の初代の石黒委員長宅におく。

《11月1日、渋谷支部が誕生独立大会に40名参加》

 58年の特筆すべきことは、渋谷支部の誕生です。11月1日、午後7時から世田谷区池尻の敬老会館に40人が参加して、東京土建西南支部の解散と渋谷、世田谷支部の独立大会を開きました。新役員体制と新事務所を決定。それぞれ行政区支部として、新たな船出をすることになりました。
 渋谷支部は、委員長に石黒義雄さん(石工)、副委員長に須田力三郎さん(石工)、書記長に佐藤明さん(大工)を選出。事務所を石黒宅に置きました。土建本部では、3月に青年部が結成されました。

印刷 印刷